イメージ

Cowboy Bebop Live WEBパンフレット


申し訳ありませんが、こちらのページはパソコンかスマートフォンでご覧下さいm(_ _)m


WEBパンフレット

ご挨拶 by SAK(Bandmaster)

90年代後半は私が最も真面目に音楽をやっていた時期で、「マクロスプラス」や「天空のエスカフローネ」で、頭角を現し始めた菅野よう子氏に対しては、その才能に羨望と、そして生意気にも嫉妬のような感情を抱いておりました。
オレだってあれくらいいい曲書いてやるよ、ぐぬぬ!などと息巻く身の程知らずだったわけです。

そんな小僧に現実を知らしめたのが「カウボーイビバップ」でした。
スタイリッシュなオープニング「TANK!」でガツンと一発くらってしまい、ヨレヨレになったところで決定的なこの一撃。

「目に頼り過ぎなんだよ。カメレオンじゃねぇんだ!そうあちこち見えねぇのさ!」

スパイクとアシモフの格闘シーンで流れ出した「Rush」で完全失神ノックアウトを喫したのです。
菅野先生に嫉妬だなんて、リトルリーグ二軍の子供がメジャーリーガーと競うようなものでした。
まさに蟷螂の斧。テレビの前で泣きながら土下座です。

この自分史における歴史的敗北から十余年。
私は菅野よう子氏の音楽を演奏する「Thanks! K」というアマチュア団体に参加していました。
参加者層は、老若男女、ロック畑はもちろん、ジャズ畑、クラシック畑と幅広く、それはそのまま菅野よう子氏の作品の幅を証明していると言えましょう。

今回のイベントの母体となったのが、この団体で結成したビッグバンド「Thanks! K Jazz Orchestra」です。
過去2回のライブを行い、どちらも大盛況でした。
これはもちろん我々の功績ではなく、楽曲の魅力のおかげです。

その音楽の力にもう一回だけ便乗しちゃって、でかいパーティーをやってしまおう!
…と、組織体制を変更し、新しいメンバーとたくさんの賞金稼ぎたちを加えて挑みました。

みなさんと一緒にお祭り騒ぎできるのを楽しみにしています!

SAK
「The Ganymede Jazz Orchestra」Bandmaster, Percusstion, Bass, 機材担当

The Ganymede Jazz Orchestra

YASU-P(Tp), TOMO(Tp), じゅん(Tp), タカヤ(Tp), 檜垣隆広(A.sax,Concertmaster), コウ(A.sax), 権藤祥太郎(A.sax), ジリー(T.sax), 遥乃(T.sax), 村上哉之(B.sax), ノレパン(Tub), naoにゃん(Tb), 町田岳大(Tb), カヅヨシ(Tb), KUMA(Btb), えま(Key), ダイスケ(Gt), あく(Bs), 赤司人間(Ds), 磯部ともひろ(Perc), SAK(Perc,Bandmaster), もっ(Big mama).

The “BIG SHOT”

ぢゅん(Gt)
赤司人間(Ds)
SAK(Bs)
yamazin(Key)
磯部ともひろ(Perc)

"賞金稼ぎ"達


えび(Vo)

彩乃(Vo)

樹。(Vo)

おすぎ(Vo)

chiko(Vo)

でみ(Vo)

シンヤス(Vo)

ニポポ(Vo)

みよっ(Vo)

岡地織花(Vo)

708(Wb)

teshima(Gt)

アカシミナエ(Pf)

遠野 沙也香(Pf)

ヨウコ(Vc)

”東京のSax吹き”(A.sax)

DJ

NAGO
https://www.facebook.com/DJNAGO
Repesnt  FUNKY KINGZ ,Thanks K

Chorus Support

ひよこ隊(chiko・でみ・もっ)
http://p.mixi.jp/hiyokoparty

ヘアメイク協力

become works!! koenji
サロン情報はこちら
野外フェスなどにもヘアアレンジブースを出店するbecome works!! koenjiのスタイリスト 吉田アツトさんに、出演者数名のヘアメイクでご協力いただきました!

企画コメント by もっ(Big mama)

このライブに企画として参加したのは、去年の夏前だったと思います。SAKさんの「いいイベントにしたいから協力してほしい!」という一言から、私自身カウボーイビバップのいちファンとしても盛り上がれる、最高のお祭りライブを作ろう!と、できる限りの力を注いできました。

まずは「Thanks! K」その他で活動してきて出会ったボーカリストを思い浮かべながら、ビッグバンドではできない曲を選曲することから始めました。SAKさんと頭を悩ませながら、アレもコレもやりたい、をそぎ落として現実的なセットリストを作成。 そして、信頼できるメンバーを誘ってできた「The “BIG SHOT”」に曲を無茶ぶりし、「賞金稼ぎ」と称してボーカリストやその他ソリストをお誘いしました。
無茶ぶりや、1曲だけ参加してほしいという不躾なお誘いにも、嫌な顔をせず乗ってくださったみんなに感謝です(笑)。

おかげでカウボーイビバップ好きなら、いや作品を知らなくても楽しんでもらえる、バラエティに富んだ内容となっています。

カウボーイビバップという作品への愛と敬意が、1つの空間にぎゅっと集まります。こんなお祭り、滅多にできるものじゃありません。
ぜひ、思いっきり楽しんで頂ければと思います。
そして、また作品を見返したくなったら、COWBOY BEBOP Blu-ray BOXをどうぞ(15周年を迎えついに初のBlu-ray化!ですよ!)。

作品を生み出してくれた方々、そして全てのこのライブに関わってくれた方達に感謝の意を込めて。

もっ
「The Ganymede Jazz Orchestra」Big Mama, Vocal, Chorus, 企画・デザインその他担当

スタッフメンバー

SAK
企画・機材計画・転換計画・出演調整

檜垣隆広
企画・ビッグバンド演出・鬼教官・出演調整

アカシミナエ
ビッグバンド曲採譜・解説コメント執筆

もっ
企画・出演調整・会場交渉・デザイン・フライヤー/WEB制作・Tシャツデザイン/発注・広報計画・Twitter管理

えみ
企画補佐・Twitter管理・Tシャツ事務・経理・スタッフ管理・当日仕切り

いづみ
スタッフ管理・事務全体補佐・撮影機材手配、管理

そがわ
記録撮影・平台搬入

ちか
ビッグバンドスケジュール調整・連絡

なおにゃん
衣装集計

さくぺん
Ustream配信

ほなみっち
Ustream配信中のTwitterアナウンス

Special Thanks
ぢゅん(動画編集)
みよっ(機材貸与・平台搬入)
赤司人間(イベントの要!)